Nepal

カトマンズ
首都カトマンズはヒマラヤ山脈の万年雪の峰々を背景に、緑の山々と棚田とに囲まれた中世の芸術と文化の宝庫です。 カトマンズ盆地内には、ラリトプル(パタン)やバクタプルといった姉妹都市とともにユネスコの世界遺産に登録されたダルバール広場、スワヤンブナート、パシュパティナート、ボダナート、チャングナラヤンなどがあり、美しい史跡がみどころです。また、近郊には、カカニ、ドゥリケル、パナウティ、ナモブッダ、チャリコット、ダーマン、ナガルコット、ダクシンカリ、ブダニールカンタなど、景色や史跡が大変美しく興味深い場所がたくさんあります。

ポカラ
ポカラは、アンナプルナ連峰やマチャプチャレ山の南に位置し、ネパールの中でも景勝地として有名です。ペワ湖、ベグナス湖、ルパ湖などの湖面がヒマラヤの美しさを惹きたてています。ポカラから見るマチャプチャレ、アンナプルナ、ダウラギリの壮大な眺めは息をのむほどの美しさです。また、ポカラは、アンナプルナベースキャンプ、アンナプルナサーキット、ダウラギリベースキャンプ、ムスタン等、有名なトレッキングルートの出発点になっています。

 

 

 

 


ルンビニ
ルンビニは、平和、調和、慈悲心の伝道者であるお釈迦様生誕の地です。カビルバツの南にあり、古くは文化の中心地でした。ここはアショーカ王の石柱などの古代王朝の遺跡や、お釈迦様の母親であるマヤデビの像など、考古学的にも興味深い地であり、また仏教徒にとっては重要な巡礼地となっています。

 

旅行のお問い合わせ
Submit